ディスコ・ベイビー

DISC5は「ディスコ・ベイビー」

 

  • ディスコミュージックCD5の特徴
  • 曲目について
  • おすすめの1曲は!?

 

ディスコミュージックCD5の特徴

 

 

ディスコミュージックCDの最後の一枚を飾るのはサブタイロツで「ディスコ・ベイビー」です。
これまでのディスコミュージックCDと同じようにディスコ・ベイビーも曲名でDISC5でが3番目に入っています。

 

他にも16小節の恋や、めざせモスクワ、朝日のあたる家、好き位ならずにいられないなど沢山の懐かしい曲が入っています。
実はDISC4までの中にメジャーな曲は全て入っていたはずでした。
しかし、思い返してみると、どんどん曲目が溢れてくるのです。

 

 

ディスコミュージックCD5では最後のCDとしていますが、あなたも思い出してみて「あの曲ってなんだっけ?なかったかな?」と言ったものが出てくるかもしれません。

 

ディスコミュージックCDはそのためのきっかけを与えてくれたのです。
そう考えると音楽のある風景があなたに提供してくれた、ディスコミュージックCDってすごいと思いませんか?

 

曲目について

 

 

それでは最後のCD、ディスコ・ベイビーの曲目も紹介していきます。

 

「もう、これ以上、ディスコミュージックってないでしょう?」

 

そう思っていたはずなのにいざ聞いてみると、驚きます。
そして新たな思い出のページが蘇ってきてしまうのです。

 

 

DISC5 ディスコ・ベイビー

 

  1. スカイ・ハイ/ジグソー
  2. ビバ・アメリカ/バンザイ
  3. ディスコ・ベイビー/ヴァン・マッコイ&ソウル・シティ・シンフォニー
  4. セイヴ・ミー/シルヴァー・コンヴェンション
  5. 16小節の恋/スタイリスティックス
  6. 恋にメリーゴーランド/アラベスク
  7. チャイニーズ・カンフー/バンザイ
  8. ロック・ユア・ベイビー/ジョージ・マクレー
  9. めざせモスクワ/ジンギスカン
  10. ナイト・バーズ/シャカタク
  11. ディスコ・キッド/ヴァン・マッコイ&ソウル・シティ・シンフォニー
  12. 朝日のあたる家 〜クァジモド組曲/サンタ・エスメラルダ
  13. ハートは戻らない/レディ・リリィ
  14. チャ・チャ・チャ/フィンツィ・コンティーニ
  15. 好きにならずにいられない/スタイリスティックス
  16. カリブの夢/Dr.ドラゴン&オリエンタル・エクスプレス
  17. ハイ・ライフ/アラベスク
  18. ユー・アー・エヴリシング/スタイリスティックス

 

「これも聞いたことがあるぞ?」

 

思わず、そのように感じてしまっていませんでしたか?
ディスコミュージックと一言で言いますが、70年代と80年代の曲の全てということだってできるのです。

 

ディスコミュージックCDはその中から厳選して100曲にしています。
あなたが知らない理由はないのですね。
もしか知ると、まだまだ忘れているだけでワクワクしてくるディスコミュージックがあるかもしれません。

 

おすすめの1曲は!?

 

ディスコミュージックCD5のなかで特に注目されるのはどれでしょうか?
ディスコミュージックCDの集大成として最後の1枚ですので全てオススメ!
という言い方もできるでしょう。

 

でもこれだけは!という一曲があるだけで聞き方も変わってきますよね。

 

 

そのオススメの曲は「好きにならずにいられない」です。

 

吹奏楽やオーケストラで演奏されることもあり、大人気の1曲です。
もしかすると最近の世代には原曲がこれだということを知らない人だっているのではないでしょうか?
別な見方をするならば、ディスコミュージックが今の音楽の基盤を作ったということも言えるのです。

 

 

まだまだ、聴き足りないですか?

 

だんだん思い出してくるとディスコミュージックって他にもあったような気がしてきますね。
だから、ディスコミュージックCDでは特典としてプラスもう1枚、特別版のCDが用意されています。
バラッドを聞いているとディスコ終わりの静かな一面も思い出してきそうです。

 

 

>> 特典盤の記事へ