ダンシング・クイーン

DISC2は「ダンシング・クイーン」

 

  • ディスコミュージックCD2の特徴
  • 曲目について
  • おすすめの1曲は!?

 

ディスコミュージックCD2の特徴

 

 

決定版!ディスコミュージックのDISC2はディスコミュージックCDの中でいよいよ、という曲がつまっていますね。
少しコアな曲が入っているための知らないと思うものもあるでしょう。

 

 

しかし、よく聞いていると「どこかで聞いたような・・・」となるのです。

 

あなたもディスコミュージックCD2の中にそんな感想を見出すでしょう。
しかし、当時のことをよく覚えている方にとってはとても自然な曲ばかりです。

 

むしろディスコミュージックCD1よりも聞き覚えがあるのではないでしょうか?
セプテンバー、愛のテーマ、それに意外に人気があるのはマホガニーのテーマですよね。

 

タイトルになっているダンシング・クイーンが最後を締めてくれています。

 

曲目について

 

 

ディスコミュージックCD2の中身は以下の通りです。
あなたはこの中で何曲の曲名を覚えているでしょうか?

 

もしかすると名前を知らなかっただけかもしれませんね。

 

 

ディスコミュージックCD DISC2「ダンシング・クイーン」

 

  1. ホット・スタッフ/ドナ・サマー
  2. セプテンバー/アース・ウインド&ファイアー
  3. 愛のテーマ/ラヴ・アンリミテッド・オーケストラ
  4. ザッツ・ザ・ウェイ/KC&ザ・サンシャイン・バンド
  5. セレブレーション/クール&ザ・ギャング
  6. マイ・エヴリシング/バリー・ホワイト
  7. フラッシュダンス〜ホワット・ア・フィーリング’95/アイリーン・キャラ
  8. ホワッツ・ゴーイン・オン/マーヴィン・ゲイ
  9. 愛のディスコティック/タバレス
  10. 帰ってほしいの(アイ・ウォント・ユー・バック)/ジャクソン5
  11. ソウル・トレインのテーマ/MFSB&スリー・ディグリーズ
  12. おしゃれフリーク/シック
  13. 愛の手ごたえ/ルーファス&チャカ・カーン
  14. セックス・マシーン/ジェームス・ブラウン
  15. イッツ・ア・シェイム/スピナーズ
  16. コール・ミー/ブロンディ
  17. マホガニーのテーマ/ダイアナ・ロス
  18. ダンシング・クイーン/ABBA

 

どれくらい覚えていましたか?
あとはディスコミュージックCD2の中身を聞いてみて確かめてみることですよね。
あの頃の曲調や思い出がより鮮明に思い返されるでしょう。

 

 

もしかすると何曲かを「知らない」と言い切っているかもしれません。

 

でもいざ聞いてみると全く違った感想を守るのです。
それがディスコミュージックCDの魅力ですよね。

 

もう一つ、実はよく「マホガニーのテーマって入っていませんか?」という問い合わせをいただくことがあるんですね。
それほど、人気があってもう一度でいいから聴きたい、という人がいるようです。

 

そんな方にもオススメですよね。
「マホガニーのテーマ」はもちろん入っていますし、その年代、同じ曲調がたくさん詰まった宝箱に思えるでしょう。

 

おすすめの1曲は!?

 

ディスコミュージックCD3のなかで特にオススメとなっているのはサブタイトルとなっている「ダンシング・クイーン」ですね。

 

 

誰もが知っている!そして誰もが聞きたい!

 

それにディスコといえばダンシング・クイーンですよね。
そう思えるからでしょう。
ディスコミュージックCD2のラストにこの曲を持ってきています。

 

このCDではコアで深いディスコミュージックを紹介していきながら最後にダンシング・クイーンを聞かせてくれるのでしょう。
あなたの気持ちも準備がしっかりできているはずです。

 

 

「ああ、懐かしいなぁ。デュスコってこんな雰囲気だった後は・・・あの曲が・・・」

 

そのタイミングで流れてきてくれるのです。
はっ、と目を覚ましてしまうのではないでしょうか?

 

 

>> DISC3の記事へ